技術資料

MIDAS USER SUPPORT SYSTEM
 
構造解析用語
ラグランジュ記述法 (Lagrange description)
任意物体の挙動を空間上で表現するために基準となる座標を設定することを運動学的記述法(kinematic description)と呼び、ラグランジュ記述法(Lagrange description)とオイラー記述法(Euler description)に大別されます。前者は、物体の各点あるいは粒子の運動をそのまま伴いながら、その粒子の物理量を表現する記述法です。一方後者は、物体の粒子を付いていかず空間上で固定されている各地点を通過する物体の物理量を表現する方法です。

例えば、振動している構造物の動的変位(dynamic displacement)は、構造物内の各地点は、時間に応じてどのように移動しているかを示すもので、前者の記述法で表現されます。しかし、空気や水の流れにおいて、流速(flow velocity)や圧力(pressure)は、空間上の各地点での値を示すもので、後者による記述法で表現される。

有限要素解析(finite element analysis)のような数値解析(numerical analysis)で構造物の強度や振動解析のために構造物それ自体にメッシュを生成することは、ラグランジュ記述法を採用することを意味します。流体や熱解析のために、物体それ自体ではなく、物体が占めている空間か囲まれた空間にメッシュを生成することは、オイラー記述法を採用するという意味です。流体-構造連成解析(fluid-structure coupled analysis)のような連成解析では、二つの媒質の特性に応じて異なる運動学的記述法を採用することもあります。



     
 
 
カタログ
製品構成/価額
お問い合わせ
MY スぺース