技術資料

MIDAS USER SUPPORT SYSTEM
 
構造解析用語
面積慣性モーメント (area moment of inertia)
面積慣性モーメントは、基本的に質量慣性モーメント(moment of inertia)と同じ概念です。その物体の質量の代わりに面積の回転に対する抵抗力を意味します。即ち、任意の形状を持つ断面があると仮定し、この断面を特定の回転軸を中心に回転させようとしたとき回転に対する抵抗力の大きさを示します。

数学的な定義としては、回転軸から断面の各地点までの距離の二乗に、その地点の面積との積を断面全体にわたって合算した値です。例えば、円形断面の場合は、断面の中心を通過する軸を中心に回転させることより、断面の境界線上の任意地点を貫通する軸を中心に回転させる場合がより慣性モーメントが大きいことです。

面積慣性モーメントの計算にも平行軸の定理(parallel axis theorem)を適用することができます。即ち、複雑な物体の断面を、単純な断面に分割することができる場合、この整理を利用して非常に効果的面積慣性モーメントを計算することができます。その理由として、単純な断面に対する面積慣性モーメントは、工学図書の付録など表に提供されており、数学的な定義に基づき手で簡単に計算することができることです。


       
 
 
カタログ
製品構成/価額
お問い合わせ
MY スぺース