技術資料

MIDAS USER SUPPORT SYSTEM
 
構造解析用語
特徴形状 (peculiar geometry)
有限要素解析(finite element analysis)において物体の形状は、物体の挙動に⼤きな影響を与えられます。特に⽳や折れる部分などが物体に存在する場合、これらの領域では物体が特異(singular)した挙動を⽰します。例えば、動⼒を伝達するギア軸にギアを組み⽴てるためにピン(pin)の⽳を形成した場合、このピンの⽳の近くには、応⼒集中(stress concentration)現象が発⽣します。また、物体がはっきりと折れているコーナー(corner)部や割れ⽬(crack)のように鋭い隙間が存在する領域などでも周囲と⽐較して⾮常に⼤きな応⼒(stress)の値を⽰します。

このように物体の挙動に特異性を誘発する物体の特殊な形状を特徴形状と呼び、有限要素解析において解析結果の精度を確保するために注意を払う必要があります。普遍的に特徴形状を持つ物体領域には⾮常に⼩さな要素サイズ(element size)のメッシュ(mesh)を⽣成する必要があります。そして特徴形状部位に近づくほど密集したメッシュとなるようにグラデーションメッシュ(gradient mesh)を適⽤することで、解析結果の精度と解析時間の効率の⾯で⾮常に有効です。

 
 
カタログ
製品構成/価額
お問い合わせ
MY スぺース