技術資料

MIDAS USER SUPPORT SYSTEM
 
構造解析用語
塑性係数 (plastic modulus)
金属のような延性材料(ductile material)は、外部から荷重を受けた場合、荷重が小さい範囲では応力と歪みが直線的な関係を持つ弾性挙動(elastic behavior)を示します。そして、これらの弾性領域で物体剛性(stiffness)は、歪みの増加に伴う応力の傾き、即ち、ヤング率(Young's modulus)と呼ばれる弾性係数(elastic modulus)で表現されます。しかし、荷重が増加し物体内部の応力が降状応力(yield stress)を超えた場合、応力は歪みと直線的な関係を示しません。

それは、応力-歪み線図(stress-strain diagram)が非線形的な曲線の形になります。これらの塑性変形領域で特定の歪み値での線図の傾きは弾塑性接線係数(elastoplastic tangent modulus)で定義され、弾性係数とは異なり一定の値ではなく歪みに依存します。一方、塑性領域から物体の歪みは、弾性歪み(elastic strain)と塑性歪み(plastic strain)の和で表現されるが、前者は荷重が除去されると消える一方、後者は永久変形に続いて残ることになります。

もし塑性領域で物体内の応力-歪み線図を塑性歪みの関数として表現する場合には、この線図の傾きを塑性係数と呼び、弾塑性接線係数とは異なる意味を持ちます。塑性係数も弾性係数とは異なり、塑性歪み値に基づいて変化する値で、特定の塑性歪み値の線図の傾きとして定義されます。

 
 
カタログ
製品構成/価額
お問い合わせ
MY スぺース