技術資料

MIDAS USER SUPPORT SYSTEM
 
構造解析用語
座屈荷重係数 (buckling load factor)
細い部材ゃ薄い部材で構成されている構造物の圧縮の強度は、構成材料そのものの圧縮強度より座屈(buckling)の抵抗力によって左右されます。理由としては、構造物を構成する部材そのものが圧縮強度を十分持っても構造物が座屈によって横方向に変形を起こす場合構造物全体の構造的安全性は失われることがあるためです。従って、圧縮を受ける構造物の場合、座屈が発生しないように設計することが何よりも重要です。

圧縮力を受ける構造物の座屈に対する強度を評価する指標として、座屈荷重係数が使用されています。この係数は、座屈を起こす臨界荷重(critical load)を、実際の物体に加わる圧縮力で割った相対的な割合として定義され、物体の面積慣性モーメント(area moment of inertia)の有効長さ(effective length)の二乗の相対比として表現されます。

座屈荷重係数が大きい場合は、その分物体が座屈に対して安全であることを表します。従って、物体の長さが短いほど、そして物体の断面がふっくらとしたほど座屈に強いです。また、座屈荷重係数が分かる場合は、この係数に圧縮力を掛けることでその物体が座屈を起こす臨界荷重を計算することができます。
 
 
カタログ
製品構成/価額
お問い合わせ
MY スぺース