技術資料

MIDAS USER SUPPORT SYSTEM
 
構造解析用語
弾塑性接線係数 (elastoplastic tangent modulus)
物体の変形の大きさを表す歪み(strain)には、弾性歪み塑性歪み(plastic strain)が直線的に結合されています。前者は、物体に作用していた荷重が除去されると一緒に消え、物体を初期形状に復元させようとします。一方、後者は、荷重を除去しても残り、物体が永久的に変形された形状を維持しようとします。

荷重の大きさが降状応力(yield stress)を超えない程度に小さい場合には、弾性歪みのみが存在するが、降状応力を超えるようになれば塑性歪みも一緒に発生します。このように降状応力を超えた物体の変形を塑性変形領域にあるとしたら、応力-歪み線図(stress-strain diagram)は直線ではなく曲線の形で表されます。変形が弾性領域内にある場合には応力と歪みが直線的な関係を示し、応力-歪み線図の傾きは歪みの値とは無関係に常に一定の値を持つことになります。この傾きを弾性係数(elastic modulus)、またはヤング率(Young's modulus)と呼びます。

しかし、塑性変形領域では、弾性係数を使用せずに線図の接線傾きで物体の剛性を表現します。そして、この傾きは歪みの大きさに応じて変化する値で傾きを特別に弾塑性接線係数として定義しています。
 
 
カタログ
製品構成/価額
お問い合わせ
MY スぺース