技術資料

MIDAS USER SUPPORT SYSTEM
 
構造解析用語
Mooney-Rivlinモデル (Moonley-Rivlin model)

Mooney-Rivlinモデルは、ゴムのような超弾性材料(hyperelastic material)が荷重を受け、その内部に蓄積されている歪みエネルギー密度(strain energy density)を数学的に表現した代表的な材料特性(material property)モデルです。この物性モデルは、歪みと物質の固有の定数の積で表現され、数学的表現の次数により、1次、2次、および高次モデルに分類されます。

この物性モデルに含まれている固有の定数をMooney-Rivlin定数(Moonley-Rivlin constants)と呼び、ゴム試験片を用いて実験的に求めた応力-歪み線図(stress-strain diagram)から決定することができます。ゴムのような超弾性材料の応力-歪み線図は、ほとんどがS字の形で増加する曲線の形を表します。荷重を受けている超弾性材料内部の任意地点での応力(stress)Mooney-Rivlinモデルで表現されている、その地点での歪みエネルギー密度を、その地点での歪みに分割することにより計算ができます。

 
 
カタログ
製品構成/価額
お問い合わせ
MY スぺース