技術資料

MIDAS USER SUPPORT SYSTEM
 
構造解析用語
バウシンガー効果 (Bauschinger effect)

物体に力を徐々に作用させると比例限度(proportional limit)という応力値までは物体が伸びる歪み(strain)内部抵抗力応力(stress)は比例的関係にあります。そして、この地点より大きい力を加えると降伏点(yielding point)という応力値に到達し、力を除去しても物体はある程度永久的変形を起こします。

理論的に降伏値は物体が引っ張る力を受ける時や圧縮させる力を受ける二つの場合において同一の大きさであるべきです。しかし、物体の降伏点を超え荷重を加えた後、逆に圧縮させる交番荷重を受ける際、圧縮荷重による降伏は理論的降伏値よりも低い圧縮応力で発生します。このような現象をバウシンガー効果といいます。したがって、物体は引張と圧縮を反復してうけた場合により低い荷重でも永久的変形を起こし、より破壊しやすくなります。

 

 
 
カタログ
製品構成/価額
お問い合わせ
MY スぺース