一貫計算データを構造図に描いてくれる
CADソフトウェア

一貫計算データやCADデータとの高い互換性で
業務環境を変えずにすぐ導入できます

“今”の設計データに沿った
図面が生成できます

設計業務の中で計画段階、基本設計段階、実施設計段階など、
色々な状況に合う図面が必要ではありませんか?

設計業務のどの段階でも簡単に図面生成が可能です。
さらに、計画から実施設計まで様々なフェーズに合わせた図面がすぐ生成できます。

通常の図面業務の流れ

  • 計画
    段階
  • 基本設計
    段階
  • 実施設計
    段階
  • 計画段階



    概略の断面計画が終わった後、計画内容を意匠に伝えるための図面として活用

  • 基本設計段階



    一貫計算された設計データを読み込むだけで確認用、打ち合わせ用などの図面を常に出力可能

  • 実施設計段階



    生成された図面に、CAD機能を利用して追加的な作図をすることで最終の納品図面が完成

設計の途中で急な打合せが必要になった時など、
いつでも図面生成が可能です。


例えば、伏図では部材ごとに断面サイズや
材料情報が出力できるので打合せなどに役立ちます。

Drawingの生成図一覧

伏図 杭伏図、基礎伏図、柱芯図、一般階伏図
軸組図・断面図 軸組図、断面図、任意位置断面図
部材リスト 主部材 柱、大梁(片持ち梁)、地中梁、壁、ブレース
2次部材 小梁、スラブ、デッキスラブ
場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭、銅管杭
基礎 独立基礎、布基礎、べた基礎、杭基礎
その他 露出柱脚、梁継手

整合チェックによる
ヒューマンエラーを省くことができます

設計変更や打ち合わせのたびに構造計算書と複数の図面を
一つ一つ比較しながら整合チェックしたりしませんか?

構造計算書と図面間の整合チェックをする必要がありません。
なぜなら“今”の設計データを利用して生成した図面だからです。

あなたが使っているCADの設定環境を
そのまま使えることができます

新しいCADソフトで図面を描くための色々な設定をするのが心配ですか?

既存のCADソフトで使っていた作図に関する多様な設定が維持可能ですので、
別途新たな設定は必要ありません。

フォント、線種、ハッチングパターン、印刷設定はファイルを設置することで、スタイルの保持が可能

ファイルの設置(拡張子)
フォント (.shx)
線種 (.lin)
ハッチパターン (.pat)
印刷設定 (.ctb)

文字スタイル、寸法スタイル、ブロック、図面枠などはCADデータを開いて適用することで、スタイルの保持可能

CADデータのオープン(拡張子)
文字スタイル (.dwg, .dxf)
寸法スタイル (.dwg, .dxf)
ブロック (.dwg, .dxf)
図面枠 (.dwg, .dxf)

表現したい図面スタイルを
思いのままに設定できます

テンプレートをカスタマイズして、
あなた好みのスタイルに合わせた図面が生成できます。

カスタマイズ要素の種類の例

通り名
図面タイトル
軸組図レベル
鉄骨継手記号
断面切断記号
ハッチング
寸法

※他にも多様なカスタマイズ要素の種類が搭載されています。

既存の図面枠を一回登録するだけで、得られる多様な効用

部材リストの自動レイアウト

部材リストを描く時にレイアウトで悩んだりしませんか?

図面を生成する時に図面枠や縮尺を選択すると
部材リストを用紙サイズに合わせて自動で分割してくれます。

複数図面の一括印刷

図面を印刷するためにペーパー空間で設定したり、
一枚ずつ印刷ボタンを押したりしてはいませんか?

縮尺や用紙の向きが異なっている複数の図面が別途の設定なく一度で印刷できます。

図面リストの自動作成

すべての図面を描いた後、最後に図面リストを作成するために
数多くの図面を再び数えたりしませんか?

各図面のタイトルや図面番号を読み取り、自動で図面リストを作成してくれます。

手軽い図面情報管理ができます

途中で図面の追加や削除によって図面リストに記入した図面の情報がずれてしまい、
一枚一枚手作業で修正したりしていませんか?

図面リストに表示される図面番号・図面名称・縮尺はそれぞれの図面枠の情報と連動されているため、
図面リストを修正するだけで、該当する図面枠の情報も同時に変更されます。

情報連動

図面リストを修正
  
同一情報値が同時に変更

ダイレクトドローであれば、
オブジェクトを簡単に描けます

図面を構成している様々なオブジェクトをより楽に描けたらと思っていますか?

コマンドやメニューを覚えなくても、図面上にすでに描いてあるオブジェクトを
SHIFTキーと一緒にクリックするだけで、描きたいオブジェクトがすぐ描けます。

ダイレクトドローで描けるオブジェクトの例

500個以上のCAD機能と
パワフルな性能で作図をより便利に

図面を生成してくれるので、CAD作業量は非常に少なくなります。
図面完成までの編集や追記に必要なCAD機能はすべて搭載しています。

image01 image02 image03

*黒い部分はDrawingで自動生成された図に対し、赤い部分はCAD機能で追記した箇所です。

たくさんの情報量が蓄積されても
スムーズな動きには問題ありません

数枚の図面が増えただけでCAD作業をするときにいらいらしませんか?

Drawingはパワフルな性能で伏図、軸組図、部材リストすべての図面を
一画面で管理してもスムーズな動きで操作できます。

設計モデルの変更が図面に反映

DrawingのCADを使って階段や床開口などを追記して図面を完成した後に、
eGenのモデルに変更が生じても、修正した内容を図面に自動で更新できます。
なので、一貫計算モデルの変更をCADで直接修正する必要がありません。

設計モデル

変更前の図面

設計変更部分を
図面に
自動反映

設計変更のモデル

更新された図面

VIEW MORE ›

適用事例

eGen・Drawingを活用した
実際の建物のモデルと構造図

VIEW MORE ›

ユーザー様の声

eGen・Drawingを導入した
選定ポイント・導入後の効果

MIDAS 建築分野 セミナー・講習会

体験セミナーはもちろん、操作・活用方法の講習会まで
多様なセミナーや講習会が今すぐ経験できます

詳しく見る