自由な部材配置、
直感的な操作性の一貫構造計算ソフトウェア

あなたが望むモデルがそのまま表現できる

フレームや符号を設定しなくても、
そのまま計算できます

構造設計の初期段階では概略モデルを素早く組みたいものです。
でも、断面や建物形状を編集するたびに符号を修正したり、フレームを設定したり…

部材を配置するだけで計算を始められます。

  • STEP1. 簡単モデリング
  • STEP2.形状を編集するだけで
  • STEP3.すぐに計算実行

素早いスタディ、その理由は!

  • 符号の設定は?


    eGenが仮の符号を
    自動で割当てます。

  • 通りの設定は?


    架構を検討したあとで
    自由に設定できます。

  • 荷重の設定は?


    まずは層ごとに
    標準値で設定できます。

  • 配筋の設定は?


    もちろん
    自動配筋もできます。

3次元モデルを
直接目で確認しながら編集できます

どこに入力したんだろう… 正しく入力できているんだろう…
入力情報の確認と編集に時間がかかりませんか?

編集したい部分を表示してモデルを直接編集でき、また計算書を出力せずにすぐ確認できます。

目的に応じた
効率的な結果確認ができます

なんでこんなに応力が集中するんだろう… 変形のバランスがイメージと違うな…など
結果の把握が難しくなかったですか?

架構の性状を直観的に把握できるので、素早く的確なモデルの修正ができます。

断面の編集や結果の分析に便利な機能

断面編集ウィンドウ

断面の修正による結果の変化を確認しながら断面の編集が行えます。

余裕度結果

部材全体の余裕度をテーブルや表で確認できます。

保有水平耐力/部材種別結果

部材種別の構成比やその寄与率およびDs値を分析できます。

モデリング作業に悩むことなく
設計業務に集中できます

面倒なフレーム数や節点位置の調整・グリッドの設定、悩むことありませんか?
どう設定しても配置できないフレーム…

XYグリッドにとらわれずに自由に部材を配置ができますので
どのようにモデリングをするか悩む必要は全くありません。

フレームや層とは無関係に部材を配置できます

トラス梁のモデル化や小梁間への水平ブレースの配置、どうしていますか?

ダミー層やダミーフレームを設定する必要がないため、
無駄なモデル作業・追加検討の省略が可能です。

グリッドフリーだけではありません

グリッドフリーだけではなく、小梁を部材として配置して実際に解析します。
また、複雑な形状のスラブの荷重はFEM解析結果を利用して考慮します。

  • 平面のモデル自由度

  • 立面のモデル自由度

任意形状のモデリング例

上部構造と基礎を1つのモデルで計算できます

上部構造と基礎の計算モデル、行ったり来たり…
基礎が正しく配置されているかも確認が大変です。

基礎の寄りやレベル、地盤コンター図までも 3Dで直接確認して入力ミスなくモデリングができます。

実務に即した計算機能

基礎の曲げ戻しや液状化判定まで自動で行います。

基礎形式 基礎の種類
直接基礎 独立基礎
布基礎
ベタ基礎
杭基礎 場所打ちコンクリート杭 ストレート杭・拡頭・拡低杭
既成コンクリート杭 ストレート杭・節付き杭・外郭鋼管付き杭
鋼管杭 ストレート杭・先端羽根付き杭

取り扱う基礎の種類

項目 計算の種類
土質計算 土質係数の計算・液状化計算
杭基礎の設計 支持力計算・水平抵抗計算
杭の断面算定・杭頭接合部の設計・フーチングの設計
直接基礎の設計 支持力計算
フーチングの計算
上部構造の連動 地中梁への曲げ戻し・節地圧荷重解析

対応する計算機能

スラブや小梁などの断面検定も行います

スラブや小梁の断面検定、エクセルなどで別途計算していませんか?
モデルに変更がある度に計算もやり直し、大変ですね…

2次部材の断面検定も行います。
スラブや小梁だけでなく、デッキスラブや水平ブレース、片持ち梁までも。

ラチス材などで多用される一般形鋼にも対応しています。

山形鋼、溝形鋼、T形鋼 に対応しており、山形鋼と溝形鋼は2丁合せも可能です。
もちろん断面検定も自動で行います。

計算書の文字の重なりを自動で回避できます

計算書内の図面で短スパン梁の応力が重なって読めない。でも、等スパンで出力すると架構の性状が把握しづらいし…
計算書でよく経験した事はありませんか?

文字の重なりを自動で回避してくれるので、ストレスなく計算書が出力できます。

他にも、建物に合わせた便利な設定機能

層設定ができない中間層に対する図面も出力が可能

用紙サイズに合わせた図面の配置や方向の指定が可能

1つのライセンスで
複数のモデルを起動できます

「複数のモデルを比較しながら検討したい。」「作業中に別プロジェクトのモデルを確認したい。」と
感じた事ありませんか?

プログラムを複数同時に起動できるので、効率的に仕事を進める事が出来ます。

一貫計算モデルをそのまま
詳細解析モデル・構造図に利用できます

同じモデルなのに、別途解析用のモデルを組んだり、図面を描いたり、
もっと効率よくできないかなと思った事ありませんか?

一貫計算データがあれば、汎用構造解析、構造図まで連動しているので
無駄なモデル作業・作図作業が必要ありません。

*1midas eGen』より『ST-Bridge形式』のファイルにエクスポートできるように現在開発中です。

設計モデルの変更が図面に反映

DrawingのCADを使って階段や床開口などを追記して図面を完成した後に、
eGenのモデルに変更が生じても、修正した内容を図面に自動で更新できます。
なので、一貫計算モデルの変更をCADで直接修正する必要がありません。

設計モデル

変更前の図面

設計変更部分を
図面に
自動反映

設計変更のモデル

更新された図面

VIEW MORE ›

適用事例

eGen・Drawingを活用した
実際の建物のモデルと構造図

VIEW MORE ›

ユーザー様の声

eGen・Drawingを導入した
選定ポイント・導入後の効果

MIDAS 建築分野 セミナー・講習会

体験セミナーはもちろん、操作・活用方法の講習会まで
多様なセミナーや講習会が今すぐ経験できます

詳しく見る